お金を振込む時の注意点

インフレ経済への転換でお金を株式購入に回す必要性が高まる

お金を振込む時の注意点 日本ではデフレからの脱却のために、日銀による大規模な金融緩和が実施されています。その結果として、デフレ経済からインフレ経済に変化していく兆しが出ています。インフレ経済になっていくと、お金はただ預金をしていたのでは実質的な価値が目減りしていくことになってきます。そのため、現在はインフレになっても、資産が価値が同様に上昇していくようなインフレ対応の金融商品を購入する必要性が高まっています。インフレ対応の金融商品としては、株式があります。株式はインフレになっても、その分株価が上昇することが多いです。現在の株式の配当においては、利回りが3%を超える銘柄が少なくないために、配当だけを考慮しても有利な状況があります。

日本ではデフレ脱却のために、株式市場を活性化する政策が次々と出てきています。政府では法人税を20%台に引き下げることを約束したり、最大の年金運用機関の株式の運用比率を上げることを決めたりしています。今は国策として株式の上昇を後押しする体制があります。そのため、個人としては早めに株式を購入しておくことが大事となっています。個人投資家は今年の1月からNISA制度を利用することができるため、100万円までの株式取引が非課税になります。この非課税枠を活用して株式投資を行い、将来のインフレに備えたいところです。NISAの年間利用限度額においては、政府で200万円まで拡大する案も出てきていることから、個人投資家が株式投資を行う環境はさらに良くなる可能性があります。

おすすめ情報